こってりからあっさりまで、美味すぎる京都のラーメン屋5選!

皆様、ごきげんよう!露骨なぐらい、体重が増加傾向にある1号です。

年越しももう少しということで、やりましょう、食の奴隷による、美味すぎる京都のラーメン屋5選

今まで食べてきた店舗ではなく、今年(2019年)お伺いした店舗で選んでいこうかなと思っております。まーかなりの奴隷(デブ)による、厳選したお店となりますので、是非ご覧になってくださいませ。

1.西院の特攻隊長『麺処 鶏谷』(西院)

鶏谷 店舗外観

まず、第1発目はそう、西院の特攻隊長『麺処 鶏谷』様ですね。

なぜ、特攻隊長なのかと言いますとそれっぽい言葉をつけただけなので特に込められた意味などはございませんw

鶏谷 メニュー

ここは、2号が足繁く通っているお店の一つ。メニューは数多くあれどオススメするのは『熟成鶏そば チャーシュー増し(1000円)』です。大盛りは50円プラスになります。

鶏谷 ラーメン

写真でも、見てわかるようなチャーシュー天国。さらに醤油ベースの超濃厚ドロドロスープは一度食べてしまえば中毒になること間違いなし。

でも、濃厚なのですが全然くどくない。むしろ、ずっと飲んでいたい。しかもですよ、焼豚なんかも豚・鶏むね・鶏ももの3種類の自家製チャーシューの構成。2号曰く、こちらの焼豚を食べると普通の焼豚には戻れなくなるとのこと。

そう言いながら、違う店のチャーシュー麺普通に食べてましたけどねw

こだわりの焼豚に、超濃厚ドロドロスープは、かなり要チェック。

⬛️店舗情報
店名:麺処 鶏谷
住所:京都府京都市右京区西院四条畑町1−22


↓↓↓詳しくは↓↓↓
『麺処 鶏谷』様の記事はこちらから!

2.確かな味がここにはある『ほそかわ』(西京極)

ほそかわ 店舗外観

こちらの店舗様は、名店『ますたに』様にて修行を積まれた店主が、1985年に独立され店舗を構えられました。西京極駅から徒歩10分程です。

ほそかわ メニュー

主なメニューは、『ラーメン(700円〜)』に『ライス中』、『キムチ』、『玉子』とこれだけ。

サイドメニューで色んなもの食べたいんだよなーって方は向かないですが美味しいラーメン食べたいんだって方にはかなりオススメ。

ほそかわ ラーメン


醤油ベースのスープに背脂がしっかり入っており、飲んでみるとコクのある味わい。ここの醤油ベースのスープと背脂のマッチングがすごいいいんだよな。味は『ますたに』様系統ではあるが、しっかりその中でもオリジナル感はあります。

こだわりのあるラーメンの味だということは、奴隷(デブ)にはわかります。てか、美味すぎて誰でもわかりますw


シンプルに美味いラーメンを貪りたいという方は是非、要チェックです。

⬛️店舗情報
店名:ほそかわ  花屋町本店
住所:京都府京都市右京区西京極南庄境町15


↓↓↓詳しくは↓↓↓
『ほそかわ』様の記事はこちらから!

3.真っ赤なラーメンが最高に美味い『たんぽぽ』(北区)

タンポポ 店舗外観

ここは本当にオススメ。2号と爆食いした思い出が今でも蘇ります。

バス停留所の『佛教大学前』から徒歩3分程。お車をお持ちであれば、お車で行くことをオススメします。こちらも専用駐車場ございます。

タンポポ メニュー

ここで、オススメしたいのはとにかく『豚しゃぶらーめん(900円〜)』。てか、今まで一度も豚しゃぶが入ってるラーメンなんて出会ったことない。

タンポポ ラーメン

興味本位で頼んでてみましたが、これ本当に美味い。豚しゃぶって、ラーメンに合うんだと感動したのを今でも覚えております。

ちなみにかなり真っ赤で、めちゃくちゃ辛いんじゃないかと思われがちですが全然そんなことないんです。多少のピリ辛感はございますが、絶妙なアクセントです。スープ自体もギトギトしていて、かなり重いかなーと思ったのですがわりとあっさりしていて、私はスープまで全部飲み干せました。

いい意味で裏切ってくれる、『タンポポ』様も要チェックです!

⬛️店舗情報
店名:タンポポ
住所:京都府京都市北区紫野西蓮台野町57


↓↓↓詳しくは↓↓↓
『タンポポ』様の記事はこちらから!

4.あっさり系なら京都No.1『らーめん 錦』(祇園)

錦 店舗外観

ここは、個人的に京都にあるあっさり系のラーメンならば1番じゃないかと思っている『らーめん錦』様。店構えがもはや、ラーメン屋のイメージとかけ離れている。

錦 メニュー
錦 メニュー2

ラーメン自体は、塩、柚子、鯛白湯からスープの種類を選べるが私のオススメは断然、塩ラーメン(900円)』。

『錦御膳(2000円)』なんかは塩ラーメンにさらに鯛の盛り合わせ、鯛飯、デザートまで付いてきます。鯛飯なんてクオリティが割烹料理のお店みたい。

錦 ラーメン

こちらの店舗様は、スープは全て鯛出汁を使っており、魚介の旨味がたまんない。まさに、極上のスープ

さらに、2階で製麺している自家製の細麺との相性は抜群。京都のラーメンってこってりなお店が多いので、あっさりは物足りなく感じるかなーと思ったのですが全然そんなことなかったです。

河原町で飲み会終わりに、祇園まで足運んでシメのラーメンで食べたらもう、たまんないってやつです。

この極上のスープは、『らーめん錦』様でしか味わえない。要チェックや!

⬛️店舗情報
店名:らーめん錦
住所:京都府京都市東山区橋本町416


↓↓↓詳しくは↓↓↓
『らーめん錦』様の記事はこちらから!

5.ミシュランも認めるラーメンとは『麺屋 裕』

裕 店舗外観

次は、ミシュランのビブグルマンに掲載されている『麺屋 裕』様でございます。行列も出来たりする店なので、並ぶのはある程度覚悟を持っておいたほうがいいかもしれません。

裕 メニュー

蟹塩そば(850円)』さらに『特性裕盛り(350円)』が奴隷のオススメ。肉が増え、卵も増え、メンマも増え至福の気持ちになります。

裕 ラーメン

どこに、麺があるのかわからなくなるぐらい具材たっぷり。思ったより塩気が、強くなく甘めのスープ。口に入れると、自分がB級グルメを食べているのかなんなのかがわからなくなります。

麺は柔らかめですが、かためなどへの変更は出来ません。まー自家製麺でこだわりが強い店なのでここらへんは仕方がない。豚肉と鶏肉もどちらも絶品。さらにメンマは、軽く炙られていて旨味と香ばしさが本当にたまらない。。

ミシュランも認める『麺屋 裕』様、要チェックです。

⬛️店舗情報
店名:麺屋 裕
住所:京都府京都市山科区東野百拍子町25−2


↓↓↓詳しくは↓↓↓
『麺屋 裕』様の記事はこちらから!

最後に、、、

以上、食の奴隷が2019年食べたラーメンの中で絶対ハズさないラーメン5選でした。

京都は本当にラーメン屋がかなり多く、美味しい店もかなり多いんです。今から忘年会シーズン!飲んだ後に、友人や上司・部下などと一緒に最高のシメラーメンを食べるために是非参考にしてみてください。

食の奴隷では、京都市の様々な店舗様に足を運び上納金(飲食代)をお支払いしておりますので、ラーメン以外にも様々な記事がございます。その他の記事も是非ご覧くださいませ。

それでは皆様、ご唱和お願い致します!

let’s奴隷!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました